クランベリーの効能や栄養成分を徹底解説!ドライフルーツにすると栄養価UP?(和名:ツルコケモモ)

木の皿に入ったクランベリー
目次

【日本人にあまり馴染みのないクランベリーだが栄養価はとても高い!】

「ベリー」と聞くと、ストロベリーやブルーベリーを思い浮かべると思います。

クランベリーはストロベリーやブルーベリーと比べるとあまり馴染みがないかもしれませんが、よくスイーツにも使われるミックスベリーには、

  • ストロベリー
  • ブルーベリー
  • クランベリー
  • ラズベリー

などといったベリーが入っており、クランベリーもミックスベリーの中に入っています。

クランベリーはストロベリーとは異なり、非常に酸味が強く、まとわりつくような苦みがあるためそのままで食べられることは少なく、ジャムやジュースなど加工して食べることが多いですね。

加工する必要があるにも関わらず、「北米3大フルーツ」と言われる理由は、クランベリーはとても栄養価が高いからです。

フルーツに多く含まれるビタミン以外にも、体に良い成分がたくさん入っており、含有量がフルーツの中でトップになる栄養素もあるくらいです。

クランベリーはアメリカのイメージがあるフルーツですが、僕ら日本人にとっても非常にプラスになるフルーツなので、栄養成分や効能をご紹介していきたいと思います!

また、美味しく食べられる方法もありますので、クランベリーの美味しい食べ方もご紹介しますよ!

【クランベリーが一番!?含有量がフルーツでトップクラスの「プロアントシアニジン」】

「プロアントシアニジン」とは、ブドウ種子に含まれるポリフェノールの主成分のことです。

ポリフェノールと言えば、老化を防いだり、動脈硬化や糖尿病などといった生活習慣病を予防してくれたりする成分として注目されていますよね。

本来ポリフェノールとは、お茶やチョコレート(カカオ)などがありますが、「プロアントシアニジン」を含むポリフェノールは特に強い「抗炎症作用」や「抗酸化作用」を持つために、老廃物の蓄積を防いだり余分な水分を外に出してくれたりする働きが活発で、むくみの解消に繋がる効果があります。

よく健康診断の結果で病院の先生から注意される悪玉コレステロールの生成を抑制してくれますので、血液がサラサラになりますよ!

【食物繊維が豊富なミックスベリー!中でもクランベリーは断トツ!】

食物繊維と聞くと、ゴボウやセロリなどといった、節がある野菜にたくさん含まれていると思いがちですが、実はフルーツにでも食物繊維は含まれています。

ただ、どんなフルーツにも食物繊維が含まれていると言っても、その含有量は様々です。

バナナやリンゴ、マンゴーなどといったフルーツヨーグルトに入っているようなフルーツはあまり食物繊維は含まれていません。

食物繊維が多く含まれているフルーツこそ、ラズベリーやブルーベリーなどといったミックスベリーであり、中でもクランベリーは断トツの含有量を誇ります。

ちなみに食物繊維には「水溶性」と「不溶性」があり、クランベリーに多く含まれているのは「不溶性」となります。

不溶性の場合、水分を吸収してくれるので、便の量を増やし、お通じが良くなるというメリットがありますよ!

腸の調子を整えてくれますから、腸の体内改善をしたい人にとってはピッタリのフルーツだと言えます!

【クランベリーのおススメな食べ方は「ドライフルーツ」!】

クランベリーは酸味が強いため、そのままでなかなか食べられるフルーツではありません。

そのため、何かしらの加工が必要になるわけですが、おススメな食べ方は「ドライフルーツ」です!

ドライフルーツにすると水分を抜きますので、栄養素が一気に凝縮され、1粒単位の栄養素がなんと5倍ほどアップするのです!

また、ドライフルーツにすることで、鮮度を気にしたり、持ち運びに慎重になったりする必要がなくなりますので、気軽にクランベリーを摂取することができるようになります。

最近はドライフルーツダイエットが流行っていますが、やっぱりいつでもどこでも食べられるというのはダイエットを続けるために必要な要素の一つだと言えます。

クランベリーはもともと航海士たちの万能薬として重宝されており、強い高酸化力により消毒や解毒はもちろん、下痢止めや解熱剤などといった役割を昔から果たしてきました。

薬として扱われるほど栄養が豊富なクランベリーなので、是非ともドライフルーツにして気軽に持ち運びしたいところですね!

【クランベリーは栄養価の高い万能フルーツ!美味しく気軽に食べられるドライフルーツがおススメ!】

今回は、クランベリーの効能や栄養成分、そして美味しく気軽に食べられる方法をご紹介しました。

クランベリーはミックスベリーの仲間たちの中でも、特に栄養価に優れたベリーとなっています。

そのままではなかなか食べられないというデメリットはありながらも、ドライフルーツにすることで美味しく食べられるようになっているのはありがたい限りです。

ダイエットのみならず、健康維持のために必要な栄養素が揃っていますので、毎日摂取できるようにしたいですね!

ご購入はこちらから

↓気軽に摂るならChillFullの「毎日クランベリー&ナッツ」

ら屋に山盛りの鮮やかなクランベリーとナッツ

クランベリーの収穫はとっても綺麗

クランベリーの収穫

クランベリーの収穫は、畑に水を張って実を浮かせて一気に収穫するのですが、集まったクランベリーは、真っ赤でとても綺麗。あたり一面真っ赤に染まります。
アメリカでは、ウィスコンシン州、マサチューセッツ州、ニュージャージー州、オレゴン州、ワシントン州が主な生産地です。一度は見に行ってみたいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる