レーズンの効能や栄養成分を徹底解説!美味しく食べる方法ランキングに秘密あり!

【レーズンはただのブドウにあらず!】

レーズンはブドウを干したものですが、レーズンは1kgのブドウからたったの200gしかできない貴重なドライフルーツです。

ブドウはとても瑞々しいのですが、それは裏を返せば水分がとても多いということですからね。

ブドウから水分をなくしていくことでレーズンになっていくことを考えれば、1kgに対して200gしか作ることができないというのは納得がいく話です。

昔からレーズンは栄養価が高いことが知られており、レーズンパンやレーズンクッキーサンドなど、レーズンが主役になっている主食やスイーツも少なくありません。

レーズンはドライフルーツの中でも特に人気の高いドライフルーツとなっていますので、今回は改めてレーズンの効能や栄養成分、そして美味しく食べられる方法もご紹介していきたいと思います!

目次

【レーズンが持つエネルギー源は健康に役立つ!】

これはほとんどのドライフルーツに言えることですが、基本的にドライフルーツはどれも果糖やブドウ糖がメインになっています。

これは素がフルーツなので当たり前と言われればそれまでですが、レーズンの果糖やブドウ糖はしょ糖である砂糖よりも体内に吸収されやすいため、即効性のあるエネルギー源として重宝されているのです。

糖分はダイエットをする上でどうしても「天敵」のように扱われてしまうのですが、糖分がいくら太る素だと言われても、全く摂取しないというのは間違いです。

なぜなら、あまりにも糖分が体内に入ってこないと、糖分の代用として筋肉の元であるタンパク質を破壊してしまうからです。

ダイエットには代謝を上げることが重要なのですが、代謝を上げるための筋肉が減ってしまっては、全然カロリーを消費してくれない体になってしまうのです。

よって、糖分はダイエット中であっても適度な摂取は必要であるので、砂糖よりもすぐにエネルギー源に変換してくれるレーズンを選びたいですね!

【塩分対策は知られているレーズンは、なんとコレステロール0!】

レーズンにはカリウムが多く含まれているために、塩分である塩化ナトリウムに作用して塩化カリウムとなり、結果的に塩分を分解してくれる役割を果たしてくれます。

「塩分対策にはレーズンが一番!」と言われる所以はこの作用にあるわけですね。

しかし実はレーズンには塩分対策以外にも、「コレステロール0」という肥満にお悩みの方にとっては嬉しい特長があるのです!

コレステロールは髪の毛や皮膚を滑らかにしてくれる役割があり、脂肪の消化吸収を助けてくれる胆汁酸の原料となるので、多少の摂取であれば問題はありません。

健康を意識されている方には、とにかくコレステロールを目の敵にされている傾向にありますが、完全に悪というわけではないのです。

しかし肥満で悩んでいる方は食生活の乱れなどにより過剰に摂取しているため、動脈硬化のリスクがあります。

コレステロールがゼロのレーズンは、普段からコレステロールを気にしている方にとっては非常にありがたいドライフルーツであると言えるでしょう!

【まだまだある!レーズンの嬉しい効能!】

レーズンの効能として、カリウムなどミネラルを豊富に含む以外にも嬉しい効能があります。

まず代表的なのは「食物繊維」ですね。

レーズンには食物繊維が豊富に含まれており、腸の環境を整えてくれます!

実は食物繊維はレーズンに限らず、ドライフルーツ全般に多く含まれているので、もしレーズンが苦手だという方は他のドライフルーツを試してみても良いかなと思います。

そして意外と知られていない効能として、レーズンには「抗酸化作用」があります。

酸素は人間が生きていく上で必要なのですが、酸素の一部が体内で活性酸素となってしまい、なんと血管やタンパク質などを攻撃して機能障害を引き起こしてしまうことがあるのです。

代表的な例だと、糖尿病やアルツハイマー、がん、心臓疾患などのリスクがあり、どれも怖い病気となっていますので、レーズンの隠された効能は非常に有能と言えますね。

【レーズンのおススメな食べ方ランキング!】

レーズンはそのまま食べても美味しいドライフルーツなのですが、実はレーズンとの組合せにより効能がアップする食べ方が知られています。

是非おススメしたい食べ方のランキングは、以下のようになります。

  1. レーズンヨーグルト
  2. レーズンサラダ
  3. レーズンロールパン

どれもレーズンが持っている「食物繊維」や「抗酸化作用」を充分に活かすことができる食べ方なのですが、それぞれに共通しているのは「朝ごはんの1メニュー」にできることにあります。

朝は一日をスタートさせるためにエネルギーを必要としているのですが、すぐにエネルギーに変換できるような糖分を欲しています。

先述した通り、レーズンのような果糖からは即効性のあるエネルギーに変換できるため、朝から元気に動けるようになるわけです!

レーズンは持ち運びにも長けていますので、いつ食べても問題ありませんが、もしなかなか朝の良いスタートが切れないという方は、朝の摂取を試してみることをおススメします!

↓少しずつ気軽に摂るならChillFullーちるふるーの「毎日パイナップル&ナッツ(バナナ入り)」がおすすめです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: pain2000-1024x1024.jpg
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる